2流クリティックが烽火をあげる 【2015年】南條愛乃ライブの「男女差別」座席問題【疑惑で終わるのか】 http://kawakitatkak.blog.fc2.com/index.html - - http://kawakitatkak.blog.fc2.com/ 1.0 2015-01-30T08:40:02+09:00

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2015年】南條愛乃ライブの「男女差別」座席問題【疑惑で終わるのか】


http://www.buzznews.jp/?p=1954949

人気女性声優がライブの席配分で女性優先?男性ファンの怒りで炎上し本人が釈明する騒ぎ

2015年7月13日


7月12日に行われたという人気声優の南條愛乃さんバースデーライブで、男女の席配分がおかしかったとして炎上、南條さん自身がTwitterで釈明する騒ぎが起きています。

南條愛乃さんは「ラブライブ!」の声優としても知られTwitterのフォロワー数も40万を超える人気ですが、7月12日に行ったバースデーライブで会場前方の席で大半が女性客だった一方、男性客が後方に固まっていたとして12日夜からネットで騒ぎとなり、深夜になってから南條さん自身がTwitterで釈明するほどの炎上になっています。

南條さんは「この状態では火に油かもしれませんが」と多くのファンからライブについて非難が寄せられていることを承知のようですが、「あえて書きます」として次のように述べています。


抽選・席順においての操作は一切ない。運営にも確認した。
女性ファンが増えていることを感じており昔とはファンの男女比率が違うのだと受け止めている。
偶然だったとはいえ不安や不快な思いをした方がいたことは反省点。
新設事務所であり自身では指示や監修を全てにおいて出せてはいない


南條愛乃さんは8通に分けたツイートで操作をきっぱりと否定、騒動の収束につとめていますが、「どなたかの主観での感想が膨らんで事実と違う情報としてその場にいらっしゃられなかった方にも不安を与えているのでは」と「男女の席配分問題」の拡散に不快感も示しており、その後「あまりにも悲しい内容でしたのであえて書かせてもらいました」と語っています

しかし、問題のライブに参加したという方が複数、ネットで席の男女配置がおかしかったと指摘しており、中にはチケット画像をアップして当日の様子について話すファンもいるなど、南條さんの釈明ツイートでも炎上は収まっていません。

「前方の席はほとんどが女性だった」とする方もおり、女性ファンが男性ファンに囲まれるようなことにならないよう女性を前方に集中させたのではないか、といった憶測まで流れていますが、なるべく前方の良い席で見たいと考えていた男性ファンを中心に批判が殺到しています。

人気の「ラブライブ!」に関連している声優だけに、ライブに参加しなかった「ラブライブ!」ファンの間でも関心が高く、騒動の行方に注目が集まっています。


http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/421667/

声優・南條愛乃ライブの「男女差別」事務所が否定

2015年7月14日


 劇場版もヒット中の人気アニメ「ラブライブ!」絢瀬絵里役で知られる人気声優・南條愛乃(31)が12日に行ったバースデーライブをめぐり“男女差別騒動”が勃発している。
 
 バースデーライブは南條の公式ファンクラブの入会者優先でチケットが先行発売され、当日の会場は満杯となった。
 
 ところがライブ会場に行ったと語る男性ファンたちがネット掲示板で、会場前方の席の大半が女性だったのに対し、男性客は後方や2階席に固まっていた、会員優先なのに会場の女性ファンの割合が多かったなど「女性優遇」が行われていたと主張
 
 一方、別のファンはそうしたことはなかったと反論するなど、一気にネット上で騒動となった。
 
 南條自身も12日のライブ後にツイッターを更新して「この状態では火に油かもしれませんが、放ってはおけない内容かと思いましたので、あえて書きました」と前置きした上で、抽選、席順の操作は一切なかったことや前方の席にも男性のファンがいたところを見たなど、男女差別騒動が間違ったものであるとした。
 
 しかし釈明は、南條自身の言葉にあったように火に油を注ぐ結果となり、ネットでは南條に対する批判の声がさらに強まっている。
 
 ライブでの“男女差別”はあったのか。
 
 当サイトの取材に対し南條の所属事務所は「席はあくまで抽選によって決まったもので、こちらが意図的に操作するようなことはない。ただ抽選の結果だけに絶対なかったとも断言しにくい」と歯切れが悪いが、意図的に女性を優遇したことはなかったと主張する。
 
 南條は9月に東京、大阪でワンマンライブも行う。同様の騒動が再び起こらないようしなければならないが「9月に行われるライブもランダムな抽選となるので、同様の状況が起こる可能性が低いとは思うが、ないとは言えない」(事務所関係者)とこれまで通り、抽選に変更はないという。
 
 事務所によれば現在南條のファンクラブの男女比は7対3。“正しく”抽選が行われれば、女性だけが前方の席に集まる可能性は低いといえそうだが…。


http://www.buzznews.jp/?p=1963493

人気声優の「男女差別疑惑」がスポーツ紙まで取り上げる騒ぎに、ネットでは検証続き騒動収まらず

2015年7月15日


声優・南條愛乃さんのライブにおける「男性差別疑惑」の騒動が収まらず新聞が取り上げるほどにまで拡大しています。

この炎上騒ぎは7月12日に行われた「ラブライブ!」でも知られる人気声優の南條愛乃さんバースデーライブで、会場前方の席に女性客が集中していたとして席の配置における男女差別があったのではないかとする疑惑が参加者から持ち上がっていたというもの。

前回の記事は下部のリンクからどうぞ。

ネットでこの件が話題になると、同日深夜には南條愛乃さんが自身のTwitterを更新し「何がどうなって間違った情報が一人歩きしているのか知りませんが」「どなたかの主観での感想が膨らんで事実と違う情報として」などと疑惑を否定すると共に不快感を露わにしていました。

また「まぁ、でも、良い席で見たかったよって事なんだよねきっと」と騒ぎを軽く見ているようでしたが、本人による説明も炎上を鎮火させること叶わず、7月14日夜には東スポがこの件を報じYahoo!ニュースにも掲載されたことからネットで広く知られる話題にまで発展してしまっています。

東スポは南條愛乃さんの所属事務所に取材をしていますが、事務所側では席の配置を意図的に操作するようなことはないとしながらも「抽選の結果だけに絶対なかったとも断言しにくい」また9月に予定されているライブでも「同様の状況が起こる可能性が低いとは思うが、ないとは言えない」などと語っており東スポ側はこうした釈明を「歯切れが悪い」と評しています。

ネットでは当日のライブに参加した方が開演前・開演後の会場の様子を次々にアップ、画像を分析し前方席における女性の比率を調べたり、女性客が前方に集中する確率を座席数から割り出して「天文学的な偶然」と計算するなど検証を続けており、南條愛乃さん本人や事務所による説明はほとんど効果が無いようです。

既に男性ファンの中には「がっかりした」「ファンをやめる」といった声も見受けられており、今後の声優生命に少なからず影響が出るのではないかといった意見まで飛び出しているほどで、南條愛乃さん側は今後の対応に苦慮しそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
メールはt_k_aohitsu☆yahoo.co.jp まで。  ☆を@に変えて送ってください。
本気でオススメ  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。